2020年09月26日

祝!ニュージーランドの本永住権を取得しました(^^♪


8月13日に2年間有効の永住権(Permanent resident visa) が切れるので、それまでにニュージーランドに戻る計画でしたが、案の定、予約していた便がコロナの影響で欠航になっていまいました

IMG_20200918_151938


フィリピン航空から8月6日搭乗分の欠航に関するメールが7月13日に届きました
欠航が早めに決まってよかったです

というのも、次のビザ(無期限の永住権)の申請には、移民局に申請書とパスポートを提出しなければなりません

飛行機が飛ばないことが分かった時点で、私のパスポートと申請書を夫のいるオークランドの自宅まで送る準備に取り掛かりました

コロナウイルスの影響で国際郵便が動いてなかったので、FedExを使いました

国際郵便だとオークランドまでの送料は2, 000円ですが、FedEx はその2倍以上の5, 000円でした

でも、FedExが動いててよかったです。そしてFedExは、独自の飛行機を飛ばしているので、コロナのご時世でもたったの8日間でパスポートが届きました

IMG_20200926_130855

オークランドでは、レベル2のロックダウン中だったので、毎日郵便局が空いている訳ではなく、結局、8月20日に移民局へ申請書送りました!

IMG_20200926_131727
ニュージーランドの移民局のウェブサイトを見ると、コロナ影響で、ビザの配給が遅れていました。

IMG_20200926_131745

通常だと永住権 (Permanent Resident Visa) は1週間で発給されるのですが、今回はかなり時間かかるようです。

50% of applications completed within: 29days
75% of applications completed within: 41days
90% of applications completed within: 49days


40日はかかるかなと気長に待っていましたが、提出から25日目の9月15日に移民局から、無事に永住権が発給されたとメールが来ました

アメリカの永住権 (グリーンカード)の発給が一時停止と言うニュースがあったときは、ニュージーランドもそうなるのかビクビクしていましたが、私達は本当にラッキーでした

今現在、パスポートが移民局から戻って来るのを待っています

IMG_20200926_133536

移民局から来たメールにも、「あなたの永住ビザはニュージーランド出入国がいつでも許可されます。このビザは期限が切れることはないです」と書いてあります(^^)

しばらく日本に帰国して、定年後にニュージーランドに帰ってくることも可能です

日本は物価が安く便利で安全な国です。それ故に、日本では必死で働いて便利な社会を維持しなければなりません。

日本で得た資格がニュージーランドでも使えると言う訳ではないので、ニュージーランドで1から資格をとってと言うやり方よりは、せっかく努力して築いた日本での業績を有効活用して、しばらく日本で生活しようと思っています

日本の生活に疲れ果ててしまったら、ニュージーランド戻れると言う強みがある分、心に余裕を持って働きたいと思っています

そして、このブログはもちろん続けていきますよ

ニュージーランドは第二の故郷ですから、いつでも帰ってきますし、これからもニュージーランドのホットな情報を発信して行きたいと思っています







2020年09月23日

オークランド ブランズ・ベイ フィッシュ&チップスの有名店、CHIPPYを紹介します!


Browns Bay(ブランズ・ベイ)で有名なフィッシュ&チップスの有名店、The CHIPPYを紹介します。

IMG_20190430_130017

The CHIPYは地元ではとても有名なお店で、ランチタイムには多くの人で賑わっています。

IMG_20190501_140355

フィッシュはHoki、Tarakihi、Snapper(鯛)から選べます。私のお勧めはSnapperです。身が柔らかくて美味しいです。Hokiも美味しい魚ですが、私には少し硬めの身でした。Chipsは2人で1スクープで十分だと思います。

IMG_20190501_140355
フィッシュバーガーも美味しいですよ。

IMG_20190501_141154

平日でもランチタイムは混むので、11時ごろか14時ごろに来ると混雑していません。ちなみにオーダーをしてからフィッシュを揚げてくれるので、15分ほど待ちます。

IMG_20190501_142441

テイクアウトして、ブランズ・ベイのビーチで是非、食べてみてください!


2020年08月10日

ニュージーランド ダニーデン Otago Museum(オタゴ博物館)無料ですがかなり見ごたえあります!


 Otago Museum(オタゴ博物館)に行ってきました
23517479_1513109318771883_5321882659621932383_n

オタゴ博物館は世界有数の博物館で、マオリ文化や太平洋諸島の文化、海洋などの自然、動物などを通じて、ニュージーランドの歴史を紹介しています。入場料は無料です


23511495_1513111592104989_3360595869453475486_o

迫力のある恐竜の写真が印象的でした

23517884_1513109702105178_3054277736026951866_n

Seals and sea lions 、Seal(アザラシ)と Sea Lion(アシカ)に関する展示です

23518930_1513109682105180_2008994147093516585_n

Royal Albatross、翼長3メートルを超えるロイヤル アルバトロス(和名:シロアホウドリ)の展示です


23519201_1513109738771841_4074388823205346293_n

実物大です 大きい

23559390_1514126142003534_2808966757241242532_n

動物の剥製を中心に展示されていました

23559594_1513109405438541_772109229405934846_n

TAngata Whenua とはマオリ語で「土地の人」という意味らしいです。


23561373_1514126098670205_8275318750121815215_n

動物の骨格を中心に展示されていました

23561811_1513109865438495_7036099460200786884_n

化石です

23561813_1513109942105154_3018513318814771442_n

ポリネシア関係の展示です

23561815_1513109792105169_7556601287524480418_n

大きなワニの展示が足元にあり、ギョッとしました 笑

23561816_1513109428771872_3819163058798373640_n

マオリのカヌーです

23621307_1513109472105201_5475051800882961842_n

マオリの彫刻です

23621312_1514125992003549_156665638768238429_n

羊のはく製です

23621340_1514126328670182_1446144815374900773_n

迫力ありました

23621746_1513109595438522_2697362892725925675_n

Nature Balleries 

23622260_1514125868670228_6444884789494392768_n

Animal Attic

23622382_1513109985438483_2953202492571114009_n

凧のようでした

23622426_1513109445438537_2171427342653638439_n

マオリの彫刻や船が展示されており、マオリ文化に触れることが出来ました。2階には、ディスカバリー・ワールド・トロピカル・フォレストがあり、熱帯雨林を体験することができます。またオタゴミュージアムカフェとオタゴミュージアムショップが併設されています。天気が優れない日など、ここで過ごすのも良いかと思います