2019年06月14日

中国東方航空を利用しました(^^) 


ニュージーランドからの帰国便で、中国東方航空を利用しました(^^)
最近は、ずーっとフィリピン航空を使っていましたが、乗り継ぎ時間が改悪されて、12時間以上の待ち時間になってしまったので、格安の中国東方航空を使ってみました。ちなみにスカイスキャナーで最安値の7万4千円(ニュージーランド⇔福岡の往復料金)でした。安いですよね。

IMG_20190413_093333
オークランドから上海(虹橋)までのフライトで、機内から見た朝日がとっても綺麗でした。

IMG_20190413_112546
機内食は、2年前に乗った時よりも改善されていました。スイカとピーナツ、ロールパンは同じものが毎食付くような感じで頻繁に出てきましたが、これはまずくて食べられないという物はありませんでした。

IMG_20190413_103008

上海の虹橋空港で乗り換えです。待ち時間は4時間でした。このくらいの待ち時間がちょうどいいですよね。乗り換えのカウンターに寄ったり、パスポートチェックを受けたりで、なんだかんだ1時間はあっという間に過ぎてしまいます。

IMG_20190413_073814
上海の虹橋空港の内部です。空港は綺麗で快適でしたよ(^^)

IMG_20190413_073839

3人がけの席も沢山空いて、クッションのあるタイプの椅子だったので長時間座っても疲れませんでした。4点セット(ブランケット、簡易枕、アイマスク、耳栓)があれば、横になって眠れますよ。私はこの4点セットは必ずバッグに入れております(^^)/

IMG_20190525_103013
スマホ充電も出来ます。

IMG_20190525_103020

USBの差込口が壊れていることがあるので、アダプターを持ってきたほうがいいです。アダプターは日本の物で合います。

IMG_20190525_080118
WiFiにも無料で接続できます。

IMG_20190525_080052

SNS認証かWeChatのアカウントが必要になります。

IMG_20190413_075640
熱湯が出るので、ティーバッグとタンブラーを持ってきたらお茶が飲めますよ。

IMG_20190525_103047

私は、空のタンブラーとティーバッグをバッグに忍ばせていて、いつもここでお茶を作って飲むようにしています。中国で売っているペットボトルのお茶は甘いんですよね。加糖のお茶なんです。私は苦手なので、自分の好きな紅茶を作って飲むようにしています(^^♪

ちなみにこの給湯機の使い方ですが、一番左側のボタンがロック解除ボタンになっていて、それをまず初めに押します。鍵マークのボタンなのですぐ分かります。そして、HotとWarmから選びます。冷たい水は出ません。

HotとWarmの違いですが、Hotは熱湯でWarmは常温です。Warmって聞くと温かめのお湯(60℃くらい)かなと思ってしまいますが、Warmは常温の水でした。私は常温の水よりも冷たい水が欲しいなと思いますが、中国人は常温の水が好きなのでしょうか?

結論として、中国東方航空はお勧めできる航空会社です。まず、料金が安い!往復で7万4千円。確かに、ニュージーランド航空のほうが機内食も美味しくて、シートも若干広めで座り心地が良いですが、価格は中国東方航空の2倍、15万円くらいします。たまに、ニュージーランド航空が10万程度でバーゲン価格を出す時があるので、その時は考えますが、普段は、中国東方航空でもいいかなと思いました。

さらに、中国東方航空はJALのマイレージが貯まります。去年、頻繁に利用していたフィリピン航空はANAのマイレージで貯めていました。貯めたマイルで来年の正月明けにオークランド⇔福岡の便を特典航空券で取ろうと思ってます。これからはJALのマイレージで貯めていくことになりそうです。

2019年06月13日

ニュージーランド 南島 Sandfly Bay(サンドフライ・ベイ)ここでは野生のSea lion(シーライオン;アシカ)に会えます


 ニュージーランド南島、オタゴ半島にあるSandfly Bay(サンドフライ・ベイ)では野生のSea lion(シーライオン;アシカ)に出会えます。

IMG_8707


IMG_8670
ここがサンドフライ・ベイです。

IMG_8669
ここではYellow-eyed penguin(イエロー・アイド・ペンギン)とアシカが見れます。イエロー・アイド・ペンギンは目の周辺から後頭部にかけて太く黄色い模様が特徴的なニュージーランドに生息するペンギンです。ちなみにこのペンギンはニュージーランドの5ドル紙幣の絵柄になっています。

IMG_8671
Sandfly Bayに行くには、まず砂丘を下っていきます。とても急な砂丘なので、サンドボードを使って滑り降りました!サンドボードは現地に住んでいる夫の仕事仲間(ニュージーランド人)から借りました。その方が、今回、このサンド・フライ・ベイを案内してくださいました。

IMG_8677
無事に浜辺に着地できました。しばらく歩くと、アシカが見えました。

IMG_8693
アシカはすやすやと眠っていました。眠っている野生のアシカを見るには10m以上の距離を、動いているアシカの場合は20m以上の距離を保つことが原則です。望遠レンズを持ってこれば良かったなぁ。

IMG_8681
浜辺には10人ほどいました。私たちのように夕暮れ時に戻って来るイエロー・アイド・ペンギンを見に来ていました。おそらく、市の職員の方もしくはボランティアの方だと思いますが、女性の方が双眼鏡を持って観察されていました。目視するには厳しいくらいの距離での見学がその女性から許されました。一匹のペンギンが海から巣へ戻ってきているのが見えました。ブルーペンギンは30匹ぐらいのグループで行動しますが、イエロー・アイド・ペンギンは単独行動のようで一羽ずつ海から帰って来るようです。女性方が双眼鏡を貸してくださって、みんなで回し見しながら、可愛らしいペンギンの姿を楽しみました。

2019年06月10日

祝60周年! Auckland Harbour Bridge(オークランド・ハーバー・ブリッジ )は今年で60周年を迎えました(^^♪


5月30日はAuckland Harbour Bridge(オークランド・ハーバー・ブリッジ )の誕生日です。

IMG_20190530_095414

今年で、オークランド・ハーバー・ブリッジ は60周年を迎えました。
オークランド・ハーバー・ブリッジ オークランドの市街地中心部と北オークランドを結んでいる全長1kmの橋です。ニュージーランドの新聞にも大々的に橋に関する記事が載っていました。

オークランドハーバーブリッジ

今年で60周年を迎えるので、誕生日の週は夜6時から10時まで30分に1回、光のショーが行われました。
ちなみにブリッジの良く見える場所は下記の通りです。