2019年03月21日

Milford Sound(ミルフォードサウンド)で立ち寄りたい観光地 ミルフォード・ロードを満喫しよう♪


IMG_6403

ミルフォードサウンドはニュージーランド有数の観光地です。テアナウという町からミルフォードロードサウンドへ向かう道はミルフォードロードと呼ばれ、最高の景色が楽しめるドライブルートです。

1. Eglinton Valley(エグリントン・バレー)とEglinton River(エグリントン・リバー)

IMG_6318

テアナウから20kmほど進んだ先にある
エグリントン・バレーは、険しくそびえたつ山々を見渡せる場所です。
この谷間はかつては氷河の氷で埋め尽くされていたそうです。


IMG_6314

近くにEglinton River(エグリントン・リバー)があります。


IMG_6316

とても綺麗な川です。

IMG_6315

エグリントン・リバーの川原にはルピナスが咲いていました。

IMG_6619

車を止めてルピナスに近づいて、周囲を散策してみてくださいね。

2. Mirror Lake(ミラー・レイク)

IMG_6321

ミラーレイクには逆さ文字の看板があります。湖面に映った文字を見るとミラーレイクを読めるようですが、この日は風が強くて読み取れませんでした。

3. 
Pop's View lookout(ポップス・ビュー・ルックアウト)

IMG_6348

ここには、展望台があり、連なる険しい山々の景色を見ることが出来ます。

IMG_6336


IMG_6341

ケアという鳥がいました。可愛らしくて人懐こいのですが、この鳥は人から物を取ってしまうことがあるそうなので注意です!

4. Gertrude Valley Lookout (ガートルード・バリー・ルックアウト)

IMG_6362

駐車場があるのでここに止めて写真撮影できます。

IMG_6380

ドライブ中も絶景が楽しめます♪

5. Homer tunnel parking area(ホーマー・トンネル駐車場)

IMG_6387

ホーマー・トンネルです。ダーラン山脈を貫通する1,219mのトンネルです。トンネル内は光がありません。私が訪れた1月初旬では、片側交互交通になっており、信号待ちの車が長蛇の列で、長い間待たされました。その間に外に出ることができるので、景色を楽しんでください♪

IMG_6388

ミルフォードサウンドまでの道のりで最も標高の高い場所がここホーマートンネルで、標高950mです。車から出て景色を見ると、ダーラン山脈の絶壁のすごさを実感できます。このあたりでマウントクックリリーという白い花が見られるそうですが、この日(1月4日)は見られませんでした。次回、注意して見てみたいと思っています。


IMG_6397

ミルフォード・ロードは本当に素晴らしい景色が広がる、魅力のある道です。
途中で写真を撮ったり散策をしたり出来るように、時間にゆとりをもって出かけることをお勧めします。
ミルフォード・サウンドについても記事を書いています。「絶景!Milford Sound(ミルフォード・サウンド)ここはニュージーランド有数の観光地です!」をご覧くださいね(^^♪



2019年03月20日

絶景!Milford Sound(ミルフォード・サウンド)ここはニュージーランド有数の観光地です!


ニュージーランド南島では氷河が生み出すフィヨルドの絶景を楽しむことが出来ます。「フィヨルドランド国立公園」には最大のフィヨルド「ミルフォード・サウンド」があります。太古からの氷河で削られて出来たフィヨルド地形を誇る世界遺産です。

IMG_6403

ミルフォード・サウンドは年間降水量6,000mmを超える豊富な水量から繰り出される、最大落差1,000mの壮大な滝。1,200m以上のフィヨルドが織りなす極上の自然美に魅せられ、多くの観光客が訪れる、ニュージーランドを代表する観光地です。「トゥ・テ・ラキ・ファノア」という神様が呪文を唱えながら、魔法の石斧でそそり立つ岩山を切り払い、この地を作り出したという神話が残ります。1000年以上前から、マオリは釣りや猟、そして宝であるポウナム(ヒスイ)を求めてこの地を訪れていました。ミルフォード・サウンドの周辺は雨が多いので心配でしたが、天候に恵まれて最高の観光日和になりました。ミルフォードサウンドまでバスツアーもあるようですが、自分たちで運転して行ったほうがいいです。Te Anau(テアナウ)という町からミルフォード・サウンドまで約120kmのドライブです。途中、Eglinton Valley, Mirror Lake, Pop's View lookout, Gertrude Vally Lookoutなど見どころ一杯で、自分たちの計画で立ち寄ることが出来ます。運転しやすい道なので是非、レンタカーで行きましょう♪ 

IMG_6446

今回、私たちが利用したクルーズは、Encounter Nature Cruiseです。
事前にオンライン予約しました。2時間のクルーズで$84です。
このクルーズ会社は1日3便運航しており、朝9時半からの一番早い便を予約しました。
他にも沢山クルーズ会社がありました。会社ごとにカウンターが分かれていました。

IMG_6451

クルーズ船に乗り込んで、港を写しました。早めに到着しましたが、待ち時間はここからの景色を楽しめました。

IMG_6460

港を出てすぐ、素晴らしい景色が現れました!

IMG_6547



IMG_6464

船は滝のすぐそばまで近寄っていきます。

IMG_6520

船は水しぶきを感じるほどの距離まで滝に接近していきます。

IMG_6531

接近時には「水しぶきにかかりたい方は前の方へ」のようなアナウンスがあります。レインコートを借りれますよ。

IMG_6553



IMG_6515

野生のオットセイの群れが見えました。オットセイの群れはここだけではなくて他にも見られましたよ。

IMG_6564

岩の上のオットセイ、見えますか?

IMG_6567

オットセイがいる岩まで近づいてくれます。ほとんどのオットセイは寝ていましたが、何匹かは立ち上がっていましたよ。


IMG_6581

ここの滝も迫力ありました。

IMG_6583

ここも滝まで近づいてくれましたよ。

IMG_6585

ふと、海面を見るとそこには虹がかかっていました!

IMG_6557


IMG_6561

糸のように長く伸びるような滝が所々にみられましたが、もし雨が降っていたら、それが沢山みることが出来ると思います。なので、天気が悪くても残念がらないで、雨の中のミルフォードサウンドも楽しんでくださいね♪

IMG_6595

クルージング乗り場から駐車場までも素敵な景色を楽しみことができますよ!冒頭にも書きましたが、ミルフォードサウンドまでのドライブの途中で、是非立ち寄ってほしい観光名所があります。「Milford Sound(ミルフォードサウンド)で立ち寄りたい観光地 ミルフォード・ロードを満喫しよう♪」をご覧くださいね(^^♪

2019年03月19日

スーパーマーケットで買えるニュージーランドのお土産 バラマキ土産にも マヌカハニー


スーパーマーケットで買えるニュージーランドのお土産!必見です!
旅行中、常にお土産のことで頭がいっぱい!!って人いませんか? 
私も慣れない海外旅行ではそうでした。そうならないためにも、お土産の目星をつけておくといいですね。お土産の呪縛から解放されて、自然豊かなニュージーランド旅行を楽しみましょう♪
では、私が一時帰国時に必ず買って帰る、どれも喜ばれたお土産を紹介します~!

1 Cadbury Chocolate (キャドバリー チョコレート)

IMG_20190309_112008

大きい方が350g($4.5)、普通サイズが180g($3)です。ミルクたっぷりの甘いチョコレートです。50gの小さいサイズ($1. 5)もありますのでバラマキ土産にもいいと思います。


50gのチョコレートだと小さすぎないかな~と思われる方、そんなことないですよ。日本の板チョコ、明治ミルクチョコレートは1板60gです。それから考えると50gのチョコレートはバラマキ土産にちょうど良いと思います。楽天でも売っていますので、買い忘れた方は裏技としてここで購入してもいいかもですね。

IMG_20190309_112146

ミルクチョコレートだけでなく中にキャラメルの入っているのや、フルーツのグミのようなものが入ってるのとかありますが、好みが分かれるので、ミルクチョコレートがいいと思います。写真のFavourites$10では色んな種類のミニチョコレートが入っていて、お買い得のように見えますが、私の納得いかない味のチョコレートも入っており、残念でした。例えば、口の中でパチパチ弾けるようなものが入っていたり、甘いマシュマロが入っていたり、私の口には合いませんでした。好きな味のチョコレートを買ったほうが良いと思いました。

IMG_20190310_090749

350gのチョコレートはこんなに大きいですよ(^^)


2. Wittakers Chocolate (ウィッタカー チョコレート)

IMG_20190309_111901

Cadbury Chocolate もミルクたっぷりのチョコレートで美味しいのですが、甘すぎずにカカオがしっかり入っているものが欲しければ、Wittakers chocolate をおすすめします。


IMG_20190309_112117

特に、Hazelnat(ヘーゼルナッツ)とAlmond(アーモンド)がお勧めです。どちらもヘーゼルナッツ、アーモンドが丸ごとゴロゴロ入ってます。とっても美味しいですよ。今までの経験上、男性にはHazelnat、 女性にはAlmond が喜ばれました! どちらも$4.5です。



楽天でも袋入りのミニアーモンドチョコレートが売っています。アーモンドが香ばしくて美味しですよ。事前に購入して味見しておくのもいいかもです。

IMG_20190309_111916

Wittakers のフレーバーチョコレートです。マンゴーやパッションフルーツ、キャラメル、オレンジ、ラズベリーなどフレーバーが選べます。この日は2つ$5で売られていました。これも好みが分かれると思うので、お土産であれば、ヘーゼルナッツかアーモンドのほうが喜ばれると思います。

追記 (2019/03/26)
IMG_20190326_095135
スーパーマーケット「カウントダウン」の入り口付近にPromotional というコーナーがあって、通常$4.5のチョコレートが$3.8で売られていました。

3. クッキータイム

IMG_20190309_112345
最近、原宿にクッキータイムの店舗が出来て有名になりましたね。日本では1個350円で販売されているようです。クッキータイムはチョコチップが入っているボリュームのあるニュージーランドのクッキーです。スターバックスにあるような大きいサイズのクッキーをイメージされると良いかと思います。

IMG_20190309_112417
クッキー1個$3です。日本よりも100円やすいですね。

IMG_20190309_112359

お買い得なのがこちらのお得パッケージ。大きなクッキーが9個入って$10です。1個あたり$1.1の計算になります。個別包装されていませんが、ファミリー用のお土産にぴったりですよ。私はいつもこれをお土産にしています。

IMG_20190309_111643

こちらは個別包装されているミニクッキーの詰め合わせです。ミニサイズのクッキーが個別包装されています。結構小さいので、これを開封してバラマキ土産に使うのは無理かなと思います。開封せずに1袋丸々でプレゼントしたほうがいいです。ですが、クッキータイムは大きなクッキーを頬張って食べるほうが美味しく感じると思います。


4. ネスレのスティックコーヒー

 IMG_20190309_110834

ネスレってフランスのメーカーよね?って思われるかも知れませんが、世界的に有名なメーカーで、ニュージーランドでは色々なフレーバーのスティックコーヒーがあります。日本だとラテ(抹茶ラテみたいなもの)とかミルクココアくらいしかないですよね。

IMG_20190309_110842
私のおすすめはヘーゼルナッツです。ヘーゼルナッツの風味がして、美味しいですよ。

IMG_20190309_121143

パッケージにはNZと書かれていますので、ニュージーランドオリジナルの商品になります。


5. Read Seal(レッドシール)の 歯磨き粉

IMG_20190318_100524

Read Sealの 歯磨き粉は日本でも買えますが、1本1,000円くらいします。ここで買えば1本約$3で買えます。1/3の価格です。


IMG_20190318_100536

特にRed SealのPropolis は日本でも人気です。喜ばれますよ。




6. Sauvignon Blanc (ソーヴィニオン ブラン)

IMG_20190314_145207

ワイン好きの人へのお土産にぴったりですよ。

IMG_20190314_145221

Sauvignon Blanc のOyster Bayは ニュージーランドが誇る辛口の白ワインで、日本でも有名ですよね。日本では1本1,800円くらいしますがニュージーランドでは$15で買えます。ただ、スーツケースの中での破損が心配な人にはおすすめ出来ません。そういう方は、ニュージーランドの宿泊ホテルに持ち込んで、ゆっくり味わうのもいいかもですね。

7. マヌカハニー
IMG_20190412_091114
ニュージーランドのお土産の定番は、Manuka HONEY (マヌカハニー)ですよね。Arataki Honeyはニュージーランドで$10で売られています。

IMG_20190412_091045
日本で買ったら2,592ですので、高級はちみつです。お土産に喜ばれると思いますよ。

これらの商品はすべてCountdownというスーパーマーケットで手に入ります。一部の商品は日本でも通販で買えますので、事前に買って味見しておくのもいいかもです。