2020年03月14日

ニュージーランドの診療所 Urgent care を受診しました❕ 日本がコロナウイルス感染危険国になっていました((+_+))


Urgent care は予約なしでかかれる緊急診療所です


IMG_20200314_093424

実は、夫がお腹の調子が良くなく、2週間も便秘でした

一度、病院で診てもらったほうが良いだろうとの事で、本日、Silverdale Medical Centre に一緒に行ってきました

IMG_20200314_080514

Urgent Care Cervice は年中無休なんですね

IMG_20200314_093405

ビルに入ってすぐ左側に薬局が入っていました。ここで市販薬の購入ができます

IMG_20200314_0934

診療所の入り口にはコロナウイルスに関する注意事項が張ってありました。中国、イタリア、イラン、韓国、日本、シンガポール、香港、タイから帰ってきて14日未満の人は入場禁止だそうです

日本もコロナウイルス感染危険国なんですね

IMG_20200314_080930

受付です。診療開始時間の朝8時に訪れたので、意外と空いていました。

あれっと思ったのが、受付の人はマスクをしていませんでした

日本では「マスク不足」でパニックになっているようですが、ニュージーランドは医療従事者でもマスクをしません。ここの診療所でも受付係、看護師、医者の誰もマスクをしていませんでした

ニュージーランドを含め、欧米では「マスクをしている人」=「病気持ちの人」なんですね

ちなみに酷く咳き込んでいた女性の患者さんだけがマスクをしていました。単なる風邪だといいのですが、コロナウイルスの可能性もあるので、みんな、なるべく彼女から離れて座っているようでした

IMG_20200314_104212

マスクの代わりに、手指消毒は徹底されていましたよ

受付の前に消毒ジェルが置いてあって、受付をする前に消毒をしてくださいとのことでした

IMG_20200314_080925

初めて来た診療所だったので、登録のためのシートに個人情報などを書くように言われました

IMG_20200314_084241

10分ほどで看護師に呼ばれ、別室に移動しました。一番手前の個室です。ここで病状の聞き取りが行われました。

完全個室なので、他の人に聞かれる心配がなく、日本と違ってプライバシーが重視されていると思いました 

IMG_20200314_092128

20分ほど待ち、医者が直接呼びに来てくれました

医者は白衣を付けずに普段着でした。日本みたいに、白衣とマスクで完全防備の医者は、ニュージーランドを含め、欧米にはいないですね

IMG_20200314_104336

便秘が辛いことを話し、まずは触診。診療室にカーテン付きの診察台があって、お腹の調子を見てもらいました。ちなみに私服の女性は医者です

幸い、胃腸に問題はありませんでた。まずは食生活に気を付けてくださいとアドバイスをもらいました。できるだけ沢山のフルーツを取ること。キウイやプルーンがお勧めとのこと。医者からの食事指導ですね

IMG_20200314_102210

写真のピンクの薬「Colocyl」は、1週間前に薬局で買った便秘薬です

これを続けて飲むように医者からアドバイスを受けました。Colocyl で十分との事です

日本だと、薬局で買った薬は直ちに中止し、医者が処方した薬を飲むように言われると思いますが、ニュージーランドでは不必要な薬を出さないんですね

この日は薬なしの診察のみでした。日本だと、病院に行ったのに薬が出ないのは考えられないのでは

IMG_20200314_102945

今日の支払いは123ドル(約8,000円)でした

明細書を見ると「Urgent Care after hoursが25ドル」と書いてありました。土曜日だったので時間外手数料がかかっていたんですね

薬の処方なしで8,000円はちょっと高いかなと思いました

でも、胃腸に問題なく、単なる便秘だったので安心しました



2020年03月08日

mytrip(マイトリップ)の評判❕ 格安航空券の落とし穴❔ 大韓航空がコロナウイルスの影響で欠航❕ 手こずった返金申請を公開します❕


最近は、3カ月に1回の頻度で国際線を利用することが多く、スカイスキャナーが仲介する代理店で格安航空券を買っていました

代理店から航空券を買ったほうが航空会社で直接買うよりも安いからです

予約時期も早ければ早いほど安く買えます

IMG_20200308_115435

いつものようにスカイスキャナーで検索し、その中で一番安かった「mytrip」というギリシャの代理店を通して、3月22日~4月4日の帰国便を予約していました。予約したのは10月29日です

大韓航空のオークランド(ニュージーランド)⇔福岡の往復航空券が、税金諸費用込みで63,976円でした

久しぶりの大韓航空 機内食はビビンバかな~ 

しかしー

格安航空券には落とし穴があります

安いのには訳があるんですね

欠航になったら、代理店を通して、返金手続きをしなければなりません

コロナウイルスの影響で中国便が次々と欠航になり、韓国便も危なさそうだったので、ここ数日は毎日のように大韓航空のホームページを見ていました

そして、3月3日、ついに、大韓航空もオークランド⇔ソウル間のフライトが取りやめになりました

でも、 mytrip からは欠航に関する連絡が一切ありませんでした

不安になり、mytrip のサイトで予約番号を入力して、予約状況を確認すると、大変なことになっていました

1


オークランド⇒ソウルの飛行機が欠航になっていました。

欠航になった場合、通常は代理店から連絡が入るのですが、mytrip からの欠航の連絡は一切ありませんでした

mytrip のサイトにログインしなければ、出発当日まで気づかなかったと思います。どうしてくれるんだ  mytrip さんー


2

さらに、出発地のオークランド(ニュージーランド)が シドニー(オーストラリア)に変更されているではありませんか 

何これ  勝手に変更されている シドニーって国が違うじゃん しかも、オークランド~シドニーの航空券が発券されていない! 自腹でシドニーまで行けってこと

オークランド~シドニーは4時間かかります。しかも朝9時のシドニー発です。このフライトスケジュールでは、シドニーに前泊しなければなりません。

ありえなーい!

3

そして、追い打ちをかけるように、乗り継ぎ先でのソウル⇒福岡の便も欠航になっていました

4

また、代替え便が、何と、ソウルに到着した次の日の朝になっていました。という事は、ソウルでも1泊しなければなりません

なにー

びっくりして大韓航空に電話を入れました

大韓航空によると、オークランド⇒ソウルが欠航になったので、代理店でオークランドの最寄りの空港に変更されたそうです

最寄りの空港が国を越えてる(苦笑)

大韓航空では勝手に飛行機の変更をすることが出来ないらしく、都合が悪いようであったら、代理店で変更してもらってくださいとのことでした

mytrip には、日本語対応窓口があるものの、航空会社都合のキャンセルの場合は英語対応のみ、+44 20 7943 2838(イギリス)に電話をかけることになります。メールもありますが、なかなか返信されないようです

スカイプで電話すること50分、インドなまりの英語を話す担当者に繋がりました。注文番号と氏名を伝えて、便の確認をし、私の要望を伝えました

1. オークランド⇒シドニーの航空券を無料で提供してください。

2.  ソウルでの乗り継ぎが悪く、1泊しないといけないので、当日中に乗り換えの出来る便に変更してください。

担当者:それでは担当部門にお繋ぎしますので、このままお待ちください。

・・・・

応答なし え 切られてしまった

50分も待って繋がった電話を切られてしまったショックは大きかったです

Never give up 

もう一度、同じ電話番号にかけました

2度目の電話もインドなまりの担当者でした。

また注文番号と氏名を伝えて、「それではお繋ぎします」っとなりましたが、ちょっと待ったー

私:さっき、電話を切られたので、もしまた電話が切れたらかけ直してくださいませんか?

担当者:あいにくですが、そういう折り返しの電話は提供していません。ですが、窓口を指定すれば、そのまま担当部門に繋がります。自動音声ガイダンスが流れたら、2⇒3(飛行機の変更)または 3(飛行機のキャンセル) を選択してください。

私:分かりました。もし、キャンセルをお願いした場合、キャンセル料金はかかりませんよね?

担当者:確認しますので少々お待ちください。

担当者:お調べしたところ、キャンセル料金は400ドルになります。

私:えー! それでは納得いきません。大韓航空は全額返金しますって言ってるのに、なぜキャンセル料金を取るんですか?

担当者:それは、代替え便をお取りしたので、代替え便のキャンセルとして処理することにより、キャンセル料金がかかるんです。それが嫌なら、今からお繋ぎする担当部門の方と話し合ってください。では、お繋ぎします

・・・・・・

えー また切られた

Never give up

3回目の電話です。今度は、担当部門に直接繋がるように、自動音声ガイダンスで2⇒2 を選択しました。

次の担当者もインドなまりの英語でした。ここの会社、みんなインド人なんでしょうか

また、予約番号と名前、そして要望を伝えました

担当者:お調べしたところ、シドニー発以外の代替え便がありません。もしよろしければ無料でキャンセル対応させていただきますが、いかがなさいますか?

私:キャンセル料は本当に無料ですか?

担当者:はい、無料でキャンセルいたします。


IMG_20200308_114615

どうにか、無料でキャンセル出来ました 電話を切ってすぐにキャンセルの確認メールが来ました

mytrip の口コミ を見ると、コロナウイルスの影響で欠航になったのに、全額返金してもらなかったという書き込みがありました

2回目の電話でキャンセル料が400ドルと言われましたが、そこでキャンセルしてしまうと、キャンセル料金がかかったかもしれません。粘った甲斐があったのかも

IMG_20200308_165330

どうしても日本に帰らないといけない用事があり、大韓航空をキャンセルした日に、フィリピン航空から直接、航空券を買いました。

ANAかフィリピン航空で迷いましたが、フィリピン航空の方が乗り継ぎの時間が短く、しかも4万円ほど安かったので、フィリピン航空に決めました

やはり、この時期はコロナウイルスの影響で空席が多かったのでしょうか、出発日が差し迫ったフライトにもかかわらず、オークランド⇔福岡の往復航空券を 911 NZD(約6万1千円)でお安く購入できました

フィリピン航空もどうなるか分かりませんが、万が一の事があっても、航空会社から直接買った航空券なので、返金や代替え便に関してスムーズに対応していただけると思います

フィリピン航空に期待しています 無事に飛びますように

追記(3月18日)
フィリピン航空も欠航になりました。
詳しくは 【フィリピン航空】マニラ経由のオークランド(ニュージーランド)~福岡の便がコロナウイルスの影響でキャンセル❕ をご覧ください。

ただ、返金申請は日本人による日本語対応だったのでスムーズでした



2020年02月29日

【ニュージーランド】クライストチャーチの素敵なビーチ、ニューブライトン(^^♪ 海辺のイタリアンレストランで美味しいピザとラザニアを食べました❕


ニューブライトンはクライストチャーチの市街地から車で15分ほどの所にある、人気のビーチタウンです

IMG_20200115_200615

ビーチの目の前にあるBeachlife apartments に宿泊しました


IMG_20200115_162021

コンパクトながらも必要なものが揃っていて、便利なホテルでした

IMG_20200115_162047

水回りも特に問題なく、清潔感のあるバスルームでした

IMG_20200115_162040

ベッドルームは2部屋ありました。チェックイン後ニューブライトンの桟橋まで散歩に出かけました

IMG_20200115_173856

ホテルから道路を渡るとすぐビーチです。向こうに長い桟橋が見えます。

IMG_20200115_171228

砂浜には流木アートがありました

IMG_20200115_172421

こちらは貝のアートです

IMG_20200115_171614

この日は風が強くて気温も低かったので、泳いでいる人はいないだろうと思いましたが、観光客が水浴び程度に海に入って行くのが見えました。そのたびにライフガード(赤っぽい服装の人)が小屋から出てきて、見守っていました

特にヨーロッパから来た人は、一度、太平洋で泳いでみたいと言う夢を持っている方がいるそうです。強い意志を持って海に入れば、寒さも吹き飛ぶのでしょうか 

IMG_20200115_175145

桟橋が近づいてきました。長い桟橋ですよね。300mあるそうです

IMG_20200115_175542

New Brighton Pier に到着しました

IMG_20200115_175514

図書館です。図書館の前から桟橋が伸びています

IMG_20200115_181052

階段をのぼって桟橋にアクセスします


IMG_20200115_180944

桟橋の上に上がりました

IMG_20200115_175632

300mの桟橋❕ 長いですね。桟橋には所々にベンチがあるので、休憩しながら散歩を楽しみました(^^♪

IMG_20200115_180440

魚釣りをしている人がいました。海鳥です。魚を狙っているようでした

IMG_20200115_175915

桟橋の左側からの景色です。向こうにあるホテルから歩いてきました

IMG_20200115_180015

桟橋の右側からの景色です。晴れていたので、向こうには山々が連なっているのが見えました

IMG_20200115_181259

散歩を楽しんだ後、レストランを探しに出かけました。この建物にレストランが何軒か入っていました

IMG_20200115_181356

Spagalimis Pizzeria というイタリアンレストランに入ってみました。Spagalimis Pizzeria のウェブサイト を見ると、クライストチャーチに5店舗あるようです

ちなみにBYO(Bring Your Own)はお酒の持ち込み出来ますという意味です。酒類の販売ライセンスを持たないレストランでは、このような形をとっているところが多いです

IMG_20200115_183500

レストランの内装です。壁には、エリザベス女王(イギリス)、トランプ大統領(アメリカ)、金正恩(北朝鮮)などの有名人の似顔絵が飾ってありました

メニュー


メニュー表です。スターターとしてフライドポテトやチキンテンダー、ガーリックブレッドなどがありました。Meat Pizza のメニューが横に載っていました Meat Pizza からは Spags special を注文しました


IMG_20200115_181900

ピザは他にも、Lam(ラム;羊)、Chicken(鶏)、Vegetable(野菜)、Seafood(魚介類)、Vegan(菜食)から様々な種類のものを選ぶことが出来ます

Pasta は、ビーフラザニア、ベジタブルラザニア、スパゲティーボロネーゼ、スパイシーソーセージパスタがありました。私はラザニアが好きなのでビーフラザニアを選びました

IMG_20200115_182032

アルコールの販売ライセンスを持たないレストランなので、飲み物はソフトドリンクしか置いてありませんでした。Kombucha (昆布茶)って海外ではやっているらしいですね。日本の昆布茶とは違って、海外では紅茶キノコのことを昆布茶と言います。煮出した紅茶に各種の菌を加えて発酵させて作られた飲み物です。微炭酸の甘酸っぱくてフルーティーなお味です

IMG_20200115_184120

ビーフラザニアです。とっても美味しかったです。南島の旅行中で一番美味しかった料理かもです

IMG_20200115_184013

Spags special です。ベーコン、ペペロニ、オニオン、トマト、マッシュルームが入っていました。美味しかったです

お酒が飲みたい方は近くに酒屋やスーパーマーケット(Countdown)があるので、料理を待っている間に買い出しに行くことも出来ます。ニュージーランドでお酒を買うときは、写真付きの身分証明書(外国人だとパスポート)が必要になりますので、お忘れなく