2019年08月11日

世界遺産マウントクック 絶景!Hooker Valley track (フッカー・バレー・トラック) ニュージーランド旅行の超目玉です(^^♪


Aoraki/Mount Cook National Park(アオラキ/マウント・クック国立公園)のマウントクック、Hooker Valley track (フッカー・バレー・トラック) に行ってきました。マオリ語の名前「アオラキ」は伝説上の少年の名前で「雲を突き抜ける山」という意味があります。英語名の「マウント・クック」は偉大な航海者キャプテン・クックに由来します。国立公園内にそびえるアオラキ/マウント・クック(標高3,754m)は、南半球のアルプスにそびえるニュージーランド国内最高峰です。エドモンド・ヒラリーが、人類初のエベレスト登頂を成し遂げる前に技術を磨いた場所としても有名です。周辺の国立公園と合わせて、世界遺産にも登録されています。

IMG_6922
マウントクックです。実は、前日、マウントクックに来ましたが、途中で雨が降ってきたので引き返しました。今日は、どうにか大丈夫そうな天気です。

IMG_6939


IMG_6948


IMG_6949

つり橋が見えてきました。

IMG_6952
一度に20人まで渡れるとの注意書きが書いてありました。

IMG_6954

IMG_6955
つり橋の下にはフッカー川が流れていました。目の前に見えるのは標高3,151mのセフトン山です。



IMG_6967

フッカー川のすぐそばにそびえるの氷河に覆われた山々。その間を歩き続けると、2つめの吊り橋に到着します。

IMG_6968
2つ目のつり橋はフッカー渓谷の有名なつり橋です。風が吹くと少し揺れます。



IMG_6975

途中で休憩できるテーブルと椅子がありました。ここからマウントクックが見えます。今回、私たちは個人で来ましたが、ツアー参加の人はここで引き返していました。というのも、日本人ツアーガイドさんが、10人ほどの日本人グループを連れていたのですが、「はい、ここでしばらく休憩して、引き返しま~す」と言っていました。ここからが凄く楽しくなるのにもったいないと思いました。

IMG_6983
マウントクックが見えます!

IMG_6988

IMG_7017

フッカー湖に着きました。湖に氷塊がドーンと浮かんでいて圧倒されました。奥に見える氷河が解けて流れてきたことが分かります。地球温暖化が進むと、この氷河もどんどん溶け流れて来るんだろうと思います。心配になってきました。

IMG_7011


IMG_7015


IMG_7016
見てください!これ、流れてきた氷塊が砕けて岸に打ち上げられてたものです。透明で綺麗でした。先にも書いたように、ガイド付きツアー(半日)だと、この氷河まで来ることなく途中で引き返してしまいます。この氷河を見ずに帰るのはもったいないと思いました。ちなみにガイド付きのツアーでは$100(約8,000円)くらいするようです。道はとても緩やかで全然危険ではないので、是非、ここは個人で来られることをお勧めします。

2019年08月06日

Tekapo(テカポ)の美しい湖!ここから見る星空は世界一の美しさです!


マオリ語でTekapo(テカポ)の意味は「夜の寝床」です。探検隊が夜にこの土地を侵略したが、怖くなって慌てて寝袋を丸めてタイ産したというマオリ神話が伝えられています。
IMG_6011
テカポ湖の面積は83平方キロメートルという巨大な湖です。湖水は氷河が削った岩石の粉が溶け込んでいるために青緑色をしています。とっても綺麗な色の湖ですよ。

IMG_5989
湖の目の前にあるのは、Church of the Good Shepherd(善き羊飼いの教会)です。この教会は1935年にマッケンジー地方で2番目に建てられたそうです。善き羊飼いの教会は、地元の芸術家エスター・ホープによる下絵に基づき、クライストチャーチの建築家R.S.D.ハーマンによって設計されたそうです。

IMG_5990
横から写した教会です。

IMG_5968


IMG_5994

IMG_5957


IMG_5948


IMG_5963

IMG_5991
橋を渡った先にはレストランやホテルが立ち並びます。

123

テカポ湖では星が綺麗です。テカポ湖を含むマウントクック国立公園とマッケンジー盆地はユネスコ の星空保護区に指定されており、晴天率の高さや澄んだ空気のため絶好のスターゲイジングスポットとなっています。夜中に星空を見に教会に来ました。多くのカメラマンが撮影しに来ていましたよ。驚くほどの星の数で圧倒されました。とても綺麗でした。


2019年08月01日

ニュージーランド オークランド国際空港でお土産を買うなら、Cape to Bluff をお勧めします(^^)


ニュージーランドのオークランド国際空港は規模が小さいので、出発までのフリータイム1時間半もあれば全部回れます。

IMG_20190709_165409
今回、お勧めしたいギフトショップは Cape to Bluff です。Cape to Bluffの由来ですが、ホームページによると、Cape とはニュージーランドの最北端にあるCape reinga のこと。Bluff とはニュージーランドの最南端の街、Bluff のことだそうです。

IMG_20190709_165340
ショップ手前にはHavaianas のサンダルが並んでましたHavaianas のサンダルはニュージーランドでも人気です。飛行機に乗る前にサンダルに履き替えてリラックスしても良いかもですね。

IMG_20190709_165025
ショップの右側から回って行きましょう♪マグカップやキーホルダー、ネームタグ、キッチン用具などが並んでました。

IMG_20190709_165032
スーツケースにつけるネームタグはお勧めです。ニュージーランドらしい羊やマオリの彫刻が描かれています。裏に名前と住所の欄があります。

IMG_20190709_165115
マグカップ類です。鮮やかなデザインです。

IMG_20190709_165140
バックパックなど。

IMG_20190709_165227
更に奥に進むと可愛らしい置き物がありました。


IMG_20190709_165220
オールブラックス(ニュージーランドのラグビーチーム)のマグカップやタンブラーもありました。

IMG_20190709_165253
ショップ左側にはマオリの民芸品が並んでました。

IMG_20190709_165301
マオリの彫刻です。

IMG_20190709_165321
鍋敷きみたいな物。

IMG_20190709_165331
マオリの彫刻、お面です。民芸品なので、$80くらいするようですが、素敵でしたよ。色も綺麗なのでお土産に良さそうでした。