2019年07月19日

ニュージーランド オークランド Orakei Basin walkway (オラケイ・ベイジン・ウォークウェイ)で海沿いを散策しました!


Orakei Basin walkway (オラケイ・ベイジン・ウォークウェイ)は3kmの散歩コースです。オラケイ駅 下車すぐでアクセス良いです。
IMG_20190630_131500

アクセスですが、駅から伸びている木橋を目指すか、駅の向かいの道を渡って写真のOrajeu Basin Walkwayのエントランスを探すかのどちらかになります。散策コースはループになっていて、1時間程度で戻ってこれます。

IMG_20190630_110947

私は、駅から伸びている木橋を目指しました。

IMG_20190630_112000
鳥が木の上に並んで日向ぼっこをしていました。

IMG_20190630_112034
このお家の住民さん、家の前にカヌーを付けていました。

IMG_20190630_112116

地元の人たちだと思いますが、犬の散歩をしている人が多かったです。

IMG_20190630_112250
長く続く散策コースです。

IMG_20190630_112641
途中、高台から下に降りる所があります。階段です。

IMG_20190630_112709
高台からの眺めです。

IMG_20190630_131259

夏場はカヌーを楽しむ人で賑わってそうな感じでした。

IMG_20190630_112928
自由に使える無料の休憩所。デッキになっていて、誰でも使えます。

IMG_20190630_113247

ここからカヌーを走らせるのでしょうね。

IMG_20190630_113944
しばらく歩くとパーっと景色が開けてきました。

IMG_20190630_114210
空の雲が水面に反射してとっても綺麗でした。

IMG_20190630_114526

今日は一日良い天気に恵まれてラッキーでした♪ ポカポカ温かくなって途中でジャケットを脱ぎました。
IMG_20190630_114552
ここで犬を泳がせている人がいました。

IMG_20190630_114609
ちょっとしたアートです。

IMG_20190630_115108
ここが一番綺麗なビューポイントでした。

IMG_20190630_115133

しばらくこのベンチでゆっくりして真冬の日向ぼっこを楽しみました。ニュージーランドの冬は15℃くらいで暖かいほうですが、雨の日が多いです。今日は、天気に恵まれて素敵な一日になりました(^^)

2019年07月15日

ニュージーランド オークランドのBayswater(ベイズ・ウォーター)で散策! 釣り好きの方、Bayswaterに来てみませんか♪


日本と季節が反対のニュージーランドでは7月は真冬です。日中の気温は15℃くらいです。日本でいうと宮崎市の冬の気温くらいで温暖ですが、冬は雨の日が多いので憂鬱です。今日は久しぶりに晴れ間がのぞいたので、Bayswater(ベイズ・ウォーター)に行ってみました。

IMG_20190616_131924

Bayswaterはデボンポートから車で10分(5km)くらいのところにあります。グーグルパップ上ではO'Neills Point と記載されています。無料駐車場も目の前にあります。駐車場から海の見えるほうに歩いて行くと細長い通路があるのでそれを渡って行きます。釣り道具をもった人とすれ違うかと思います。

IMG_20190616_132018

しばらく進むとエントランスが見えてきます。

IMG_20190616_132023

エントランスに向かって下って行きます。

IMG_20190616_132117

Bayswater のエントランスです。

IMG_20190616_132122

ここで魚釣りをされる方は、ルールが書いているのでよく読んでくださいね。釣ってもいい魚のサイズや数が決めれています。

IMG_20190616_132306

ゲートをくぐって散策です!海の中を歩いている感じが不思議で、開放感抜群です!

IMG_20190616_132029

ボートを見ながら散策を楽しみました。

IMG_20190616_133733

整列されたボート!

IMG_20190616_134339

一番大きなボートはエントランスのすぐ近くに泊めてありました。大きいです。高そう~!

IMG_20190616_132834

スカイタワーとオークランドハーバーブリッジが見えてきました(^^♪

IMG_20190616_134105

カヌーも通路に泊めてありました。ボートに積んでカヌーを楽しむんでしょうね。


IMG_20190616_132747

途中、通路が途切れているところがあるので注意しながら渡って行きます。

IMG_20190616_132901

魚釣りを楽しんでいる方が何人かいましたよ!

IMG_20190616_132908

スカイタワーも綺麗に見えました。ここは観光客が少なくて穴場でしたよ。釣り好きな方はもちろん、散策だけでも楽しめます♪

2019年07月11日

中国国際航空をレビューします! 海外発経由便に注意! 


中国国際航空に初めて乗ったのでレビューします(^^)

IMG_20190710_083120

中国国際航空(Air China)は スターアライアンス加盟航空会社なのでANAのマイルが溜まります。今回、オークランド(ニュージーランド)から福岡までの帰国便でエアチャイナを利用しました。

エアチャイナにした理由は、ずばり価格です。他の航空会社と比べて2万円程お得な価格(7万8千円)でスカイスキャナーに出ていたので、購入しました。

IMG_20190709_190427
モニターはタッチパネルでした。映画やゲームなど普通に使えます。

IMG_20190709_192858_1
中国らしいパンダが画面に現れて機内注意事項のビデオが流れてきました。

IMG_20190709_204822
オークランドから北京までの機内食です。チキンまたはフィッシュから選べて、チキンは美味しかったです。えびのサラダの味付けもよかったです。デザートのババロアも美味しくいただきました。

IMG_20190710_223340
北京から福岡までの機内食です。チキンヌードルまたはチキンライスから選べました。チキンヌードルの味付けは良かったですよ。ただ、海藻サラダはしょっぱくてイマイチでした。エアチャイナの機内食に期待はしていませんでしたが、普通だと思います。

ラッキーな事に、オークランドから北京までの隣の席は空席で、3人がけの席を2人で使いました。ここまでは快適でした。ところがその後、乗り換えで大変苦労する事になります。

私は、2ヶ月に1度は帰国するのですが、今までにフィリピン航空、キャセイパシフィック、中国東方航空、中国南方航空など様々な航空会社を使っており、乗り換えにも慣れています。こんな私でも、北京での乗り換えには手こずりました。実は、今回の飛行機は大連経由だったのです。大連経由という情報はeチケットの隅の方に書いてあり、搭乗口に行くまでそれに気付きませんでした。

いつも通り、トランジットの乗り継ぎカウンターに向かいました。ちなみに通常の国際線乗り換えは入国審査を受ける必要ありません。ただ、トランジットの乗り継ぎカウンターに並んでパスポートと搭乗券のチェックを受けるだけです。

いつものように、マシーンで自動チェックインを試しましたが、反応しませんでした。その場で係員に聞いたら、この搭乗券はここではないから、入国審査に行ってくれと言われました。この時点で「え!? なんで入国審査?」って思い、係員に聞き直しましたが、詳しい説明をしてもらえず、とにかく入国審査に行けと。

言われた通りに入国審査の方へ行き、入国審査に並ぶ前に念のため、付近にいた女性スタッフに確認したら、一時入国のためのビザを取ってくれと。ここでまた「?」ただのトランジットなのに、しかも日本人はビザはいらないはずって係員に言い返したら、とにかくビザを申請するカウンターに行ってくれと言われました。

仕方なく言われた通り、ビザ申請のカウンターで30分ほど列に並びました。私の番が来ると受け付けの人が、日本人は「ビザいらないよ!」って。はぁ、やっぱり。じゃあ、何処に行けば良いの?って聞いたら、やはり入国審査を済ませてくれと。

言われた通りに入国審査に並びます。入国審査の入り口にさっきの女性スタッフが立っていたので、「日本人はやっぱりビザいらなかったよ」って言ったら無表情のまま「じゃあ、ここに並んで」って。とにかく、北京空港の係員は適当な仕事ぶりなんです。今まで、ヨーロッパやアメリカなど旅をしましたが、こういった、たらい回しのトラブルは一切ありませんでした。

入国審査を無事に済ませたあと、空港内を走っている電車に乗りました。

IMG_20190710_061237
T3-Cまで5分で着きました。国際線から国内線の移動です。この時点でも、福岡行きの飛行機は大連経由とは気づかず、「北京と福岡は近いから国内線から出るのかな?」とか、時差ボケもありましたが 、今思えば馬鹿げた事を考えてました。

IMG_20190710_063338
4 階のチェックインカウンターに向かいます。

IMG_20190710_064754
国内線のセキュリティチェックを受けました。搭乗券も問題なく通ったのでここで間違い無いようです。

免税店の付近にあるインフォメーションセンターに行ってみました。福岡便はどこのゲートから出るか聞くと調べてくれて「C55」とのこと。ここの女性スタッフはとても親切で、英語のコミュニケーションもスムーズだったので「救われた!」って感じでした。

IMG_20190710_071721
C55のほうへ向かうと、ありました! ちゃんと福岡って案内が出ています。あっちこっち、たらい回しにされて、乗り継ぎに2時間もかかりました。私の人生で最も乗り継ぎに手こずった、恐るべき「北京!」でした。

このあと、C55のゲートに進み、「福岡(大連経由)」の表示を見て、「あー! そういうことか。この飛行機は大連経由だったんだ。」と気づきました。

入国審査を済ませて、国内線に来た理由がここで分かりました。ということは 、大連(中国国内)に着いたら、今度は福岡に向かうための国際線の手続き? その通り、福岡行きの飛行機は北京→大連の飛行機と同じ機体なんですが、一旦、飛行機から出て、国際線の手続きのために出国審査を受けて、同じ機体に戻って来ないといけないんです。面倒臭〜い!

ここでおさらい。今回の帰国便は、オークランド(出国審査)→北京国際線(入国審査)→北京国内線→大連国内線→大連国際線(出国審査)→福岡(入国審査)。

今回の乗り継ぎはおおごとでした。価格だけで決めてしまった私が悪いのですが、経由便の航空券はもう買わないように気をつけます。









nzrangototo at 04:14|PermalinkComments(0)Plane(飛行機)