2019年04月17日

【ワイトモ観光】Waitomo Caves(ワイトモ鍾乳洞)ツチボタル観光


Waitomo Caves(ワイトモ鍾乳洞)では、世界でも珍しいツチボタルを見ることができます。洞窟内を移動するボートで、神秘的なツチボタルの光を堪能することができます。ツチボタルはヒカリキノコバエの幼虫です。幼虫は青白い光を発します。幼虫は洞穴などの天井に生息していて、粘液を出し、その粘液は天井から垂れさがっています。粘液の長さは20~30cmもあります。粘液をたらすことによって獲物をからめとり、捕食するそうです。

IMG_7137
今回、私たちは、Spellboundという会社のツアーを利用しました。

IMG_7135
空を見上げるとセスナ機が!


IMG_7152
Waitomo Caves(ワイトモ鍾乳洞)に行く途中でガイドさんが軽いハイキングに連れて行ってくれました。

IMG_7157
素晴らしい景色を眺めながらこの小道をどんどん渡っていきます。

IMG_7147
秋吉台のようなカルスト台地が広がっていました。

IMG_7180
丘を下ったところで、ガイドさんからクッキーとコーヒーのサービスがありました。
このツアーは私たち2人とオーストラリア人女性2人の計4人の小グループでした。オーストラリア人はこのツアーの前にホビット村のディナーツアーに参加したそうです。映画そのままの風景が残っていて感動した~!って言ってました。

IMG_7174
洞窟に入り、ガイドさんからツチボタルの説明を受けます。

IMG_7171
粘性のある糸が天井から垂れていました。近づいて見ることができます。

IMG_7184
Adult glowworm fly (ヒカリキノコバエの成虫)


IMG_7186
Moa Skeleton  (恐鳥モアの骸骨)がありました。

lg-photo1

ツチボタルの説明を受けた後、ボートに乗って幻想的な青白い光の中をゆっくりと進んで行きました。
実はツチボタルを見たのは2回目です。初回はオークランドからバスツアーで来ました。バスツアーなので時間が限られており、今回のようなツチボタルの生態についての説明などなく、ボートに乗り込んで洞窟内の天井を見上げるのみの内容でした。それだけでももちろん感動したのですが、今回は、ガイドさんがしっかり説明してくれて、ツチボタルに関する理解が深まりました。また、カルスト台地のピクニックも楽しかったです♪沢山のツアー会社があるので、ウェッブサイトで比較検討されたら良いと思います。

IMG_7190
ホテルはWaitomo Caves Hotelに泊まりました。

IMG_7195


IMG_7199
ディナーはホテル内のレストランでフリッターを食べました。ボリュームがあって2人でシェアしても食べきれませんでした。特にエビのフリッターが美味しかったです。

2019年04月14日

ニュージーランド永住権 パートナーシップ枠で永住権を取得しました


ニュージーランド(NZ)の永住権は一度取得すると初めの2年間は縛りがありますが、その後、NZを長期間離れてしまっても永住権を保持できます。NZの物価は日本と比べて高いです。家賃は日本に住んでいた時より2倍払っています。NZの年金は永住権があれば65歳から受給できます。もらえる金額は独身か夫婦かによって異なりますが、夫婦だと2人で税引き後$2,400(約19万円)もらます。NZの年金は日本のような積み立てではありません。税金で賄われています。ここでは詳しく書きませんが、55歳までにNZの永住権を取得して10年間、NZに住んでいるだけで年金がもらえます。なので、若い時にNZ永住権を所得し、一旦日本に戻ってきて貯金し(NZの生活費は高いから)、55歳までに再度NZに戻って早めのリタイア生活を楽しむということも出来ます(^^♪ 

       IMG_141117

ではニュージーランドの永住権(パートナーシップ)を取得するまでの流れについて書きたいと思います。

2016年9月5日~2017年8月末 
夫がPost-study work visaを取得するため、1年間NZの学校に行く。

2017年8月末   
夫がPost-study work visaを取得。学生時代のアルバイト先でそのまま働く。

2017年9月1日  
大阪回生病院でパートナーシップビザ取得に必須の健康診断を受診する。結果はe-Medicalで病院からNZに直送される。

2017年9月中旬 
Partnership-Based Temporary Visa Application (INZ1198)をはじめとする書類一式を移民局に提出。

2017年10月16日 
パートナーシップビザ取得。

2017年11月10日 
ニュージーランドに入国し、夫と合流。

2018年3月11日 
アメリカの警察証明書を取得するため近所の郵便局で指紋のコピー取ってもらう。(アメリカに1年以上住んでいたので、その時期の警察証明書が必要でした。)指紋のコピーをアメリカに送る。

2018年3月22日 
アメリカから警察証明書がオンラインで届く。

2018年3月末 
IELTSを受験し、スコア5以上の証明書を取得する。

2018年4月11日 
Employer Supplementary Form Skilled Migrant Category(INZ1235)をはじめとする書類一式を移民局に提出し、夫婦の永住権を申請する。

2018年5月15日 
移民局から追加書類の提出依頼が届く。(夫の仕事の契約書のコピー。夫婦が正真正銘の夫婦であることを証明した友達からの英語で書かれた手紙)

2018年5月29日 
追加書類を移民局に送る。

2018年7月7日 
追加書類を再度求められる。(ニュージーランドでの夫婦同居の期間が約8か月間と短期間だったので、日本で同居していた期間の証明書を大家さんに発行してもらう。)

2018年7月20日 
追加書類を移民局に送る。

2018年7月末 
移民局から永住権申請受理の連絡が来る。出来るだけ早くパスポートを移民局に送るように言われる。ちなみに8月2日まで日本に一時帰国していたのでパスポートは即日に送れなかった。

2018年8月3日 
移民局にパスポートを郵送する。

2018年 8月13日 
Resident Visa(永住権)取得。パスポートが戻って来る。e-Passportなので従来のステッカーのようなものはパスポートに貼られておらず、電子記録されているそうです。

以上がNZ永住権パートナーシップ取得の流れです。2018年4月11日に永住権を申請し、8月13日に申請受理されたので、永住権申請から約4か月、NZ滞在通算約9か月で永住権が取れたことになります。この永住権は仮永住権のようなものですが、発行されて2年後の2020年8月13日までに、NZに2年の半分以上(各年半年以上)滞在していれば、その後は本永住権(永遠にNZに出入国できる)がもらえます。

★NZの永住権は年々厳しくなっています。NZ永住権の申請中の方は、不安でいっぱいかもしれませんが、条件を満たしていれば永住権が発行されないことはないと思います。私たちには追加書類の依頼が2回も来ましたが、知恵を振り絞って対応しました。これからNZ永住権を申請される方や申請中の方、こういった試練も海外移住をするのに必要なことだと解釈し、頑張ってほしいと思います。


2019年04月09日

オークランド最大級の滝 Kitekite falls(キテキテ滝)


オークランドには全部で26ものregional park(自然公園)があります。中でもオークランド西に広がるワイタケレ自然公園は1万6千ヘクタールという広大な自然がそのまま残された貴重な自然林地帯です。ここワイタケレ自然公園にあるkitekite falls track(キテキテ フォール トラック)ではオークランド最大級の滝 Kitekite falls (キテキテ滝)を見ることが出来ます。
The Waitakere Ranges Regional Park is a place where pristine bush, thriving native wildlife and rugged black sand surf beaches come together. The 'wild west' feels like another world away, but is only a 40-minute drive from the city centre. There is kitekite falls track at The Waitakere Ranges Regional Park.

IMG_0793

キテキテ滝はPiha (ピハ)のすぐそばにあります。写真はピハビーチ。
Kitekite falls  is located near Piha beach. This picture is Piha beach.

IMG_0773

駐車場からキテキテ滝まで徒歩30分です。
It took 30 mins by walking from the car parking to Kitekite falls.

IMG_0778
川に沿って歩いて行くコースになっています。
Use the wooden bridge.

IMG_0775
青空が広がっていました。
It was beautiful day.

IMG_0776
真っ青な空と緑の木々がとても綺麗でした。
You can see the blue sky between the trees.

IMG_0783

キテキテ滝はオークランド最大級の滝です。40mだそうです。
The falls drop a total of 40 metres .

IMG_0787
迫力のある滝でした。ちなみに、この滝の上には登ることが出来て、滝の上に人がいましたよ。
ランチの時間だったのでここでお弁当を広げようと思っていましたが、滝壺の周りの広場は結構濡れていて、とても座れる状態ではありませんでした。他の人たちもお弁当持参されていましたが、私たちのように、ここで広げるのを諦めていました。ここは結構人気の滝のようで観光客も沢山いました。私はここよりKarekare falls (カレカレ滝)のほうがいいかなと思います。カレカレ滝は穴場でほとんど観光客がいませんし、ゆっくりお弁当を広げられると思います。詳しくは「映画「ピアノ・レッスン」で有名になったKarekare beach」をご覧ください(^^)